第7回山東(済南)国際文化産業博覧取引会へようこそ

主催:山東省人民政府

成果展示

Home >> 山東製文化製品が大きな異彩を放つ  山東文博会

山東製文化製品が大きな異彩を放つ  山東文博会

2016-08-26 14:08:50   Source:中国山東網

  臨沂館で展示される臨沭柳の枝編み

  8月25日、山東省人民政府により主催され、中共山東省委宣伝部など34の機関により共同開催され、済南市人民政府により執行される第6回山東文化産業博覧引取会は開幕した。今回の文博会では、齊魯特色に注目し、山東製の文化製品は展示品全体の60%を占め、山東文化イメージをアピールした。中国山東網が伝えた。

  山東文博会は2006年から、2年一度に開催される。全国で大きな影響力を持ち、区域性文化大会になり、文化製品取引の強化、文化プロジェクトの成約、文化産業の発展などの面において、重要な役割を果たしている。

  泰安館で展示される「泰山皮影」

  今回の文博会は前回の経験を踏まえて、山東優秀なる文化をより一歩宣伝し、山東文明、創意山東、孔子文化、文化サービス、文化製品に注目する計画。

  黄河口草編み

  出展機関・会社は各自の文化特色と位置づけに基づき、自分なりの長所を展示する。泉水文化、運河文化、泰山文化などの地域文化が展示されると同時に、民間芸術、伝統工芸、新型文化業態、現代科学技術の成果も展示される。山東特色豊かな老舗16店舗は出展し、伝統的な文化製品と新たな文化製品を同時に展示する。

  

  煙台館で展示される「胶東餑餑」(訳者注:マントー)で飾る「福」の文字

  イ坊市館で展示されるたこ

  中国山東網