第7回山東(済南)国際文化産業博覧取引会へようこそ

主催:山東省人民政府

概要

Home >> 第7回山東国際文化産業博覧取引会概要

第7回山東国際文化産業博覧取引会概要

2018-09-11 08:43:33   Source:中国山東網

  2018年は中国改革開放から40周年、第19回党大会の精神の徹底した実施をスタートさせる年、小康社会(ややゆとりのある社会)の全面的完成の決戦に勝利し、「十三五(第13次五カ年計画:2016-2020年)」計画を実施する重要な年で、また、山東が新旧原動力転換を加速、産業最適化・グレードアップを実現する重要な時期でもある。文化創意産業の質の高い発展を推し進め、新時代における現代化強省の建設の新局面を切り開くために、第7回山東省国際文化産業博覧取引会の開催を決定した。

  習近平による新時代の中国の特色ある社会主義思想を指導に、第19回党大会の精神及び習近平総書記が山東を視察した際の重要談話精神を深く実行、新旧原動力転換重大プロジェクトの全面的な実施をめぐり、豊かな斉魯文化資源の優位性を発揮、全省の文化体制・メカニズムの改革成果と文化産業の発展成果を重点的に展示する。文博会のプラットフォームの役割を発揮、市場化・国際化・専門化レベルを向上させる。インターネット、IoT、人工知能などの方式を利用、オンライン・オフラインの協力を堅持、オンラインでの文博会を作り上げる。

  (一) 齊魯の特色を顕彰。山東省の歴史文化資源の長所を発揮させ、プロジェクトPR、製品取引、成果展示、テーマフォーラム、文化ショーなどを通じて、山東省の文化特色や文化改革発展の新成果を見せて、齊魯の文化ブランドの影響力を向上させる。

  (二) 新興業態を展示。新旧原動力転換にフォーカス、文化・観光、科学技術、金融、海洋、現代農業などの産業融合発展、特に、文化とビッグデータ、クラウドコンピューティング、人工知能などのハイテクとの融合を展示し、文化産業の新興業態の発展を推進。

  (三)国際協力を強化。文博会がUFIにより認証を取得したチャンスを使い、「一帯一路(the Belt and Road)」イニシアティブをめぐり、海外での外資誘致を強化、国際化の展示要素を増え、影響力のある有名な海外企業と製品を集中的に展示、国内外文化企業の間の交流、協力とウインウインを推進。

  (四) 市場運営を強化。市場が文化資源配置における積極的な役割を発揮させ、政府の指導、けん引、サービス役割を強化、市場主体の育成力を固めて、社会の力を引きつけて国際文化産業博覧取引会の経営、開発と運営に参加させる。

  (五)社会・経済効果の統一を重視。社会効果の最優先を堅持、展覧会の経済ポテンシャルの掘削を注目、交通、物流、飲食、宿泊、観光、ショッピングなど各分野の急増をけん引。専門出展者とバイヤーの数を高め、プロジェクト協力商談取引を促進、展覧会の取引効果を向上。

  (六)インタラクティブを拡大。文化惠民の力を強化、農村文化振興を推進、文博会が大学、コミュニテイ、企業、農村に進出など豊かなシリーズ大衆文化イベントを広く展開、素晴らしい生活へ人々の憧れを満足させる。